上場したステラルーメン(XLM)!個人間のやりとりが便利

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク

kotokoto
kotokoto

コインチェックで11月12日から取引開始
できるようになったね!

上場したって何?
コインがたくさんありすぎて分からない‥
ステラって何なの?


なんて、よく分からないって方にお答えします!
いろんな暗号資産勉強すると楽しいですよ!


スポンサーリンク

上場した=価値がついた



株をされている方は、よく耳にする方も多いかと思います。



暗号資産(暗号通貨)で、”上場した”というと
価値がついた!ということです。



簡単に言えば、0円から1円になったということ。




ここから世界中の暗号資産(暗号通貨)が確認できますよ!

何千種類と数があります。
その中で価値が付いているのものが
取引所で取引ができます。
https://coinmarketcap.com/ja/




ステラ(XLM)ができた目的



ステラは海外の取引所でしか購入(両替)することができませんでした。


2019年11月12日コインチェックで取引できるようになったので、
今後は国内取引所でもステラを購入(両替)することができます!!!
日本では、初ですね!



kotokoto
kotokoto

やった〜〜〜!
ステラのメリットたくさんあるよ!
まずは、できた目的から説明するね。



Point


個人間の送金や決済をスムーズにするためにできた



開発者は、リップルの共同設立者であるJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏。
リップルコインを参考にステラを開発しました。


リップルに似ている部分も多いみたい。



ステラは個人、モバイルマネー、マイクロペイメント等を目的としています。






ステラ(XLM)のいいところ




リップルと一番違うところは、個人で利用できること!



メリット


・個人での利用に最適

・手数料が安い


・送金時間早い




リップルは、企業間では送金が便利です。
銀行とかね!

なので、私たち個人にとってはあまり実用性がないんです。



一方でステラは、個人の実用性が重視されています!

銀行口座を持たない方など個人間を重視。


具体的に簡単に説明すると。。。


例えば、Aさんがリップルしか持っていないとします。
Bさんに500ドル送金したい時。

現在で話すと一度、リップルをドルに替えてから
ドルで送金しますよね。


それをしなくてもそのまま送金しても
Bさんには500ドルで入金されるって仕組み!



便利な世の中だあああ〜!!


手軽に利用できる仕組みになっているので、
これから決済として使う機会も増えるのでは?



kotokoto
kotokoto

価値がどーんと!上がる前に、
今のうちに保有しとくのもいいかもね!




送金手数料が安いのも魅力的です!
0.00001XLM しかかからない!



さらに、



送金時間も3〜5秒みたい!



すご!!


銀行じゃ考えられないね!



今の日本だったら、送金から着金を考えると
約1日はかかりますね!

手数料も300円ぐらいはかかるし!



ステラ(XLM)の心配なところ

Point


完全に非中央集権でない


ビットコインに比べ、完全に
非中央集権で成り立っている訳でないんです。




なぜなら、
発行枚数上限1000億枚に対しての保有率が
市場95%
Stellar社5%




まあ、95%が市場での取引なので、
他の通貨や法定通貨に比べたら中央集権はゆるいかなと。


大手企業IBMとの提携



世界的なソフトウェアメーカーのIBMとの協業です。

次世代の国際送金として注目されています。



いかがですか?


日本円より便利ですね!


海外のかたが日本にくるオリンピックのタイミングで
日本がどうなっているか、
ビットコイン、ステラがどんな感じで使われているかが
楽しみですね!



今は、投機目的で考えることができるけど、
みんなが便利さに気づいて使い始めた時には
遅いですからね!



現在コインチェックで取引ができますので、
みんなが決済として使う前に持っとくと
いいかもです!





kotokoto
kotokoto

円やユーロといった法定通貨より
信用できる暗号資産が出てきますね。
ちゃんと見極めて購入をすることをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました