そもそもお金ってなに?日本人の自国法定通貨への信用。信用しすぎたらだめかも!?

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク



今使われているお金はただの紙切れ。
なぜ通貨として使えるの?使えるようになったの?

日本円(自国通貨)を信用しすぎていると大変なことになるかも。。
お金のはじまりから勉強しましょう!


スポンサーリンク

お金のない時代は、物々交換からはじまった

あなたの卵と私のりんごを交換してくれないかな〜?

いいよ〜!ちょうど欲しかったし!


ただし、だれとでも交換できるとは限りません。
お互いが欲しい!交換してもOK!じゃないと交換できません。
欲しいものがすぐ手に入りませんでした。

そこで。。

誰とでも交換できて価値がかわらないものがあればいいのになあ〜


と、貝殻を使うようになりました!

物々交換から貝殻とモノへ



貝殻を使えばいいんじゃない?

貝殻は今のお金(貨幣)の原点ですね!
だから、貯金や財力などお金に関する漢字は全て”貝”が入っています。
ここからきていると言われています。

貝殻は腐らないので、使わずに貯めておくこともできました。
今でいう貯金ですね!(銀行に貯金も安全ではない社会になってきましたが、、)

ただ。。。
貝殻はどこでも通用しなかったんです。


そのお肉この貝殻10まいで交換できない?

なにその貝殻。。
そんなもの価値あるの?

要は、自国でしかその貝殻が通用しなかったということ。
これは今の法定通貨、日本円でも一緒ですね!
みんながこの1万円に1万円の価値があると信用しているから1万円。
世界で見るとアメリカや韓国では日本円は使えないですよね。

”信用”で成り立っているということ。

金の登場


どこでもみんなが価値があると認めるもの
”金”を通貨として選びました。

ただ。。ここで問題となるのが
重くて持ち運びが不便ということ。

そこで各国の銀行が、金を金庫で預かってあげる代わりにいつでも引換える引換券を発行しました。
これが今でいう紙幣です。紙幣の始まりはここです!


しかし、今紙幣を銀行に持っていっても金と交換してくれません。

各国、金の分しか紙幣は発行できないのに、
世界経済が発達し、金の量以上に紙幣(貨幣)が必要になったんです。

各国が自国の経済に見合った量の紙幣(貨幣)を発行するようになりました。
これを”管理通貨制度”と言います。

要は、簡単にいうと
その国の政治や経済状況がお金の価値を決めるということ。

このように紙幣という文化ができました。

自国通貨への信用


先ほど、伝えた通りお金の価値というのは
その国の政治や経済状況によって価値がかわる”

日本の状況はどうでしょうか。

10年前まで、自動販売機の缶ジュースは100円で買えていたのに
今では130円出さないと買えなくなっています。

実際にベネズエラという国では、2018年にハイパーインフレで
自国の通貨の価値が紙きれぐらいになくなりました。

下の写真のように
トイレットペーパーを買うのにこれぐらいお金をださないと買えないレベル。

(もう紙幣で拭いた方が安いんじゃないか説。。)

実際に起こったんです!

日本も実際にインフレ政策でお金の価値がどんどん下がっていっています。
(気づいていますか?)

年2〜3%インフレといわれています。
じゃあ、10年後は?

100万の価値が→70〜80万の価値なるってこと!

日本円に信用があるから安心、
銀行に貯金。これは、もう安心とは言えない社会になっています。

今じゃ銀行に入れても増えないし、
年金2000万円足りないって言っているし、

目の前のことだけ楽しければいいや、
今の生活で普通に暮らせているから大丈夫!
では、10年後20年後、そして老後。。本当にやばいです。


私が実際に老後の対策としていること

いろんな素敵なご縁のおかげで
(アンテナはっていると引き寄せるんですかね)

今は、大きく2つ。
・暗号通貨
・FX
を主に勉強し投資しています。

少しずつ詳しくお話しますね。

暗号通貨は絶対に勉強していた方がいいです!!
理由も後ほど説明しますね。


kotokoto
kotokoto

では、また。
勉強なったかな?
最後まで読んでくれてありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました