ビットコインの価値上昇のきっかけはキプロス危機だった

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク

kotokotoです。

今回は、ビットコインとキプロス危機について説明します。
ビットコインとキプロス危機は深い関係があるんです!
詳しく書いていきますね。





なんとなくキプロス危機って聞いたことあるけど、
詳しくはよく分からないなあ〜



上記のような”キプロス危機”というワードは、聞いたことあるけど
一体何が起きたの?と分からない方にお答えします!


日本も可能性はあるので、しっかり今のうちに勉強しましょう!




スポンサーリンク

キプロス危機とは”金融危機”のこと


2013年にユーロ圏であるキプロス共和国で発生しました。
今からわずか、6年前ですね!



別名キプロスショックとも呼ぶそう。




ギリシャ危機の影響によっておこったと言われております。




ギリシャ危機とは、ギリシャ共和国の2009年10月の政権交代を機に、
財政赤字が公表数字よりも大幅に膨らむことを明かしたことに始まる
一連の経済危機をいいます。



むずかし〜〜〜〜!!!



簡単に言ったら、国の借金が予定していた数字よりも大幅に膨らんだということ。

借金が、やばいことになったんだな。




原因としては、下記があげられます。



ギリシャ危機がおきた原因

・公務員への給与

・年金支給開始の年齢の速さ



・公務員への給与


ギリシャは、公務員がとても多い国です。


莫大は財政赤字が発覚した際、ギリシャの人口が1100万人前後だったのに対し
公務員は、100万人ほどいたそうです。




どのくらい多いかというと・・・



子どもと老人をのぞいて4人に1人は、公務員ぐらいな感じ。
世界的にみてもかなり大きい割合です。


公務員は、一般的な労働者と比べて給与も良かったため
財政が悪くなったと言われています。






・年金支給開始の年齢の速さ


ギリシャ危機が発生した時、年金支給開始は。。。
なんと55歳!!!




kotokoto
kotokoto

はや!!!!!!!



驚くのは年齢だけじゃないのです!!!



支給額の割合がすごいんです!

現役世代の所得に対する約80%と言われています。




他の先進国と比べかなり高い割合となっています。



ちなみに、日本は約48%ほど。




やばいですよね!!!


 日本年金機構のHPみたけど、ややこしくて分からない!
(あえて難しく書いているのだろうか。。)


キプロスの預金者に58億ユーロの支払いを求める


EUはキプロスに資金を援助する代わりに、
キプロスの預金者に58億ユーロの支払いを求めました。




銀行に、
10万ユーロ以上の預金者からは預金残高の9.9%を徴収
10万ユーロ未満の預金者からは預金残高の6.25%を徴収


上記が決定されました。




そりゃあ、国民のみなさんは怒りますよね。



預金者が銀行に大殺到




銀行に預けていた人は、急いで銀行にむかいお金をおろしました。

自分のお金なのに、資産が勝手に国(政府)に奪われていくんです。。




全ての預金者が対象であるため、お金持ちも庶民も関係ないのです。
たまったもんじゃないですね!!!




結局、預金税はEU諸国とキプロス政府の間で合意され、
約2週間の間、預金封鎖が続きました。

封鎖が解除された後も引き出し制限がかかるなど、
預金者にとっては国に信用が持てなくなりました。






”金融機関は必ずしも安全ではない”ということ。


金融機関よりも安全なビットコイン



銀行などの金融機関や国、政府に信用が持てなくなった人は、
暗号資産の”ビットコイン”に目を付けました!




ビットコインは、非中央集権型で国、政府、企業が管理する団体がいません。
価値なども誰かによって支配される心配もないのです。


ですので、キプロス国内の銀行よりもビットコインの方が安心だと思いました。




預金封鎖がされる前に、資産をビットコインに移していた人々は
資産を守ることができました。




これを機に、世界中の人々もビットコインに注目しました!



ギリシャよりも日本の方が国の借金が多い


実は、キプロス危機のきっかけとなったギリシャですが、
日本よりも国の借金が少なかったんです。


なのに、こういった事件が起きました。




日本もありえるということ。
すでに、預金の制限はかかってますよね。



例えば、
オレオレ詐欺だとかで1日にATMでおろせる金額は50万まで。
ちょっと前までは、200万ぐらいおろせました。




それに、戦後2回!預金封鎖ありました!



だけど、国に安心、信用しすぎているから
そんなの忘れちゃう。。。んですね。

自分の資産を大事にしましょう!


金融機関が、必ずしも安全ではないということ。



自分ごととして、自分の資産を守るためにも
その概念はやめましょう。





これからの時代、ブロックチェーンやAI、IOTなどが発達し
便利な世の中になるに違いありません。


法定通貨しか資産がない。では、これからの時代
取り残されてしまいます。






資産分散し、今のうちに対策しておきましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました