kotokotoの経験談から学ぶ労働収入と権利収入!

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク

稼ぐ手段は、自分が働くか、お金に働かせるか

私のメンターからこれを見てと言われました。

パブロとブルーノの物語「日本語版」〜労働収入と権利収入〜



私の3年前は、稼ぐ手段と言えば
”掛け持ちしてたくさん働くこと”しか考えていませんでした。


当時アパレルで働いていたころ、

8:30~18:00はアパレル店員として働いて
終わってからダッシュで帰宅、
準備して19:00~翌1:00まで居酒屋店員として働く、
終わったら速攻で帰宅して
お風呂入って寝るの3時前。。
翌朝6:30には起床してアパレルスタッフとしての準備。。



の繰り返し。。。
(だけど掛け持ちしてるのにお金はたまらない。。)


今じゃ考えられない!!!www



労働収入は、
自分が労働した分だけ収入がもらえる。


労働収入は、時間と収入が比例する


1日24時間しかないのに、ほとんど働いていました。


中には、残業しないと今月の給料少ない!
って人もいますよね。
その言葉には、びっくりします。
(昔は私もそうでしたww)


私は、メンターに言われました。


『あなたは働く為だけに生まれてきたの?”』
『1日の仕事、食事、睡眠、自由な時間を出してみて、これから生きる年数の自由な時間だけ出して』


と。


>1日
・仕事15時間
・食事1時間
・睡眠4時間
・移動1時間
・自由3時間



1日の自由な時間3✖️365✖️60(これから生きる年数)=65700時間




えええええええ!!!?!?!!

正直たったの。。。て衝撃でしたね。
日で計算すると2737日(7年。。。)


あと60年生きるかもで
たったの7年しか自由な時間ない。。


ぜんっぜん自由な時間がなかったんですよね。


実際にみなさんも計算してみるといいですよ
時間を大切に考えれるようになります。


私はここでやっと、時間の大切さと
これからの人生について
本気で考えるようになりました!


は働く為だけに生まれてきたの?”』
『1日の仕事、食事、睡眠、自由な時間を出してみて、これから生きる年数の自由な時間だけ出して』


と。


>1日
・仕事15時間
・食事1時間
・睡眠4時間
・移動1時間
・自由3時間



1日の自由な時間3✖️365✖️60(これから生きる年数)=65700時間




えええええええ!!!?!?!!

正直たったの。。。て衝撃でしたね。
日で計算すると2737日(7年。。。)


あと60年生きるかもで
たったの7年しか自由な時間ない。。


ぜんっぜん自由な時間がなかったんですよね。


実際にみなさんも計算してみるといいですよ
時間を大切に考えれるようになります。


私はここでやっと、時間の大切さと
これからの人生について
本気で考えるようになりました!


”権利収入”お金でお金を働かせる。権利に対する収入


目の前のことしか考えずにがむしゃらに働いていた私ですが、
今は、10年後先をみて行動しています。



日本政府も国民のみなさん投資しなさい!
副業しなさい!って
言っちゃいましたよね。。


自分で老後のお金を準備するしかないってこと。


だけど、労働収入には限界があります。


権利収入とは、不労所得とも言われますが、
名前の通り、自分が働かなくても収入が入ってくるパイプのことです。



上記の左側は、自分が働くことによって収入になる。

一方右側は、従業員やお金を働かせることによって収入になる。



有名な金持ち父さん貧乏父さんの本にも載ってますね。


私は、従業員兼投資家ですね。

いずれ自分の会社を立ち上げますが、、
5年後、10年後の準備をしています。


投資はこわくない。ただ知識がないだけ


日本人は特に投資と聞いただけで怖い、怪しいって思う方が多いかなと感じます。


日本という国がお金の勉強をさせないから。
知識がないから怖いって思うだけ。


逆に投資していないほうが、未来が怖いですけどね。。


収入のパイプは、どれだけ持っていてもいいんです



労働収入だけだと、いつ自分がどうなるか
分からないので
いくつか収入のパイプを持つことをおすすめします。



その為にこのブログも始めました。
FXも暗号通貨もブログも短期ではどれも考えておりません。



3、5、10年後の自分の未来が
きっといい未来になると思って
コツコツ勉強しながら取り組んでいます。




20代の早いうちに気づけてよかったって
心から思いますね。


以上が、kotokotoの体験談から学ぶ
労働収入と権利収入の話でした!



目の前のことだけが楽しい!
今がよければ満足って働いている20代に届け!!!!!



kotokoto
kotokoto

最後まで読んでくれてありがとうございます。
がむしゃらに働いていた社会人2年目のkotokotoに教えてあげたい内容w
同じような経験を今している人に届け

コメント

タイトルとURLをコピーしました